歯医者さんにおける、歯科衛生士の重要な役割

「家族や友人を連れて行きたくなる歯科医院」を目指して。担当の歯科衛生士が、生涯のパートナーとしてお口のケアを行います。

歯科衛生士の重要な役割

当院では、歯科衛生士が歯科医師と協力し、責任を持って患者さん一人ひとりに合わせた予防プログラムを立案し、定期メインテナンスでお口の環境を整えます。

歯科衛生士は「予防のプロ」
歯科衛生士の重要な役割通常「歯科衛生士」と聞いて業務の内容を的確に説明できる人は少ないかもしれません。歯科衛生士は、いわば「予防のプロ」。患者さんのお口の中の状況を分析し、日々の生活習慣も加味しながら予防計画を立て、いつまでも健康なお口を保っていただけるようにサポートします。

予防歯科の先進国であるスウェーデンなどでは、歯科衛生士が自分の診療室やチェアを持って患者さんに接しています。当院でも治療用とは別にメインテナンス専用のチェアを備え、患者さんごとに担当を決めて、生涯にわたる予防のパートナーとしての自覚と責任を持って対応しています。

このような悩みをお持ちの方は・・・・