自覚症状のないままに進行する歯周病

進行する歯周病歯周病菌は歯と歯肉の隙間(健康なら「歯肉溝」、病的な隙間は「歯周ポケット」と呼びます)に棲みつきます。体は菌を倒そうとして血液を集めるため、血が出やすくなります。そして歯肉溝は、歯周ポケットへと変化していきます。

ポケットが深いほど毒性の強い細菌が増え、その菌が歯を支える骨に近づいていきます。体は菌から逃げるために、骨を溶かして菌との距離を保とうとします。こうして歯を支えている骨がなくなってしまうのです。

細菌がいつも歯肉や骨を破壊しているわけではなく、体の抵抗力によって破壊活動を停止し、痛みのない時期もあります。そのため治ったと勘違いしてしまい、知らず知らずのうちに進行してしまうことがほとんどです。なんと、30代でも約80%の方がかかっていると言われています。

気がつけば歯を支えるものがなくなり、朝起きたら枕元に歯がポロリ...なんてこともあるのです。

原因を除去して適切なコントロールを
歯周病の原因はわかっていますから、一人ひとりの環境に合わせた予防をすれば歯を失わずに済みます。

残念ながら、失った骨などを元の健康な状態に戻すことは現在の医学ではできません。一度歯周病になってしまったら、進行を止めなければなりません。なぜなら「口は災いのもと」だからです。

歯周病の症状

このような悩みをお持ちの方は・・・・