お口の中の健康状態は全身の病気に関わります

虫歯や歯周病の放置は、お口の中だけでなく、さまざまな病気の原因となることがあります。まさに「口は災いのもと」。しっかりとケアしましょう。

口は災いのもと

ここで言う「口は災いのもと」とは、お口の中の健康状態が全身の病気に大きく関わるという意味です。実は、お口の中に存在している細菌類(歯周病菌など)や炎症物質が歯肉(歯ぐき)の中の血管に流れ込んで全身に回ることで、さまざまな病気を引き起こすことがあるのです。

言い換えれば、お口の中を健康な状態に保つことで全身の健康を守ることができ、生涯、健康的な生活を送ることができる、ということです。 口は「災いのもと」であると同時に「生涯の健康のもと」でもあるのです。

このような悩みをお持ちの方は・・・・