優秀なスタッフ間におけるチーム連携で質の高いメインテナンス

当院の予防歯科は、予防先進国スウェーデンを標準とし、より質の高いきめ細かいメインテナンスをご提供しています。

世界標準の予防歯科

予防歯科において大切なのは、歯科衛生士を始めとするスタッフと患者さんの信頼関係です。すべては患者さんのために、歯科医師を含めたスタッフ間での連携を大切に考える、チーム医療を行っています。

大切な自分の歯を、一生涯使い続けるために

歯科衛生士が中心となって、患者さん一人ひとりの生活環境を考慮した予防プログラムを作成。MTMに則った診療を行います。

世界標準の予防歯科当院では10年ほど前から予防歯科の基盤となるMTM(メディカルトリートメントモデル)を導入しました。

MTMとは、必要な診査・診断をもとに一人ひとり異なる病気のリスクを見極め、診療方針や予防プログラムの立案・提案、および治療から定期的なメインテナンス、治療後の再発防止といった流れを通じて、健康でより素晴らしい人生をお送りいただくために歯科医療の立場からお手伝いすることを目指したシステムです。

当院のメインテナンス

当院のメインテナンス基本的には3か月ごとに、虫歯や歯周病などから歯を守り、健康を維持するためのケアを行います。メインテナンスの間隔は、虫歯や歯周病などのリスク、重点的にケアする部位、患者さんの生活習慣によって異なります。歯科衛生士が責任を持ってメインテナンスを行います。

メインテナンスを充実させた結果、今では来院者の約半数をメインテナンスの患者さんが占めるようになりました。

<当院のメインテナンスメニュー>
・歯周病検査
・必要に応じて、レントゲン検査・虫歯リスク検査・口腔内写真撮影
・ホームケア確認、歯石除去、PMTC、フッ素塗布

ホームケアとプロケア「予防って歯磨きのことですか? 」

歯磨きだけでは取りきれないばい菌たちホームケアとプロケア
歯磨きはもちろん必要です。しかし、歯磨きをしているだけで虫歯や歯周病にならないのであれば、多くの人が歯を失って苦しむことはありません。実は日本人は「ハミガキ好き」です。1日3回磨く人は、昔と比べてずっと多くなっています。

では、なぜ虫歯になるのでしょう?それは、ばい菌がバリアを作っていて、歯磨きだけでは取りきれないからです。ばい菌たちも生きるのに必死です。バイオフィルムと呼ばれるバリアを張って、彼らにとっての敵である薬が届かないように防御しているのです。

そんなときこそプロの力を
毎日の歯磨きでばい菌を全部取り除くのは至難の業です。バリアを張って棲みついた頑丈なばい菌たちを退散させるには、歯ブラシやフロスだけでは不十分なのです。

そんなときこそ、プロの力を利用してください。当院では専用の機器を使ってバリアを壊し、悪い菌を減らしていきます。さらに、菌が棲みつきにくくなる環境づくりを行っていきます。

体調や生活習慣に合わせた予防プログラム
いくら悪い菌を減らしても、体が弱っていてはばい菌はやりたい放題に繁殖します。風邪をひいたり、寝不足になったり、ストレスがかかったりすれば免疫力は低下します。食習慣や体調管理など生活習慣の改善も、予防に欠かせない重要な要素なのです。

当院では一人ひとりの体調や生活習慣に合わせて適切なプログラムをご提案します。予防のプロと力を合わせてばい菌を減らしていきましょう。

息の合ったチーム連携

息の合ったチーム連携スタッフ全員が一丸となって患者さんのお口の健康を維持するため、当院では午前と午後の診療開始前に必ずミーティングを行い、患者さんの情報を共有しています。

月に一度はフルメンバーでのミーティングを行い、院内での情報共有も欠かしません。また、意見の交換を頻繁に行って客観的な視点を養い、本当に患者さんのための治療を行っているかどうかを確認し合っています。

プロフェッショナルとして
当院のスタッフは、全員がプロフェッショナルの自覚を持って業務にあたっています。予約や会計は受付スタッフが、歯科助手は歯科医師のサポートをし、それぞれが自分の職域に責任を持って仕事を行っています。

当院では歯科衛生士が受付や歯科助手の業務を兼任せず、分業することで、歯科衛生士本来の業務である患者さんのお口の状態の分析や予防プログラムの立案に専念できる環境を整えています。

このような悩みをお持ちの方は・・・・