予防歯科の究極は、子どものうちからの歯のお手入れ

予防歯科は乳幼児期から。まずは保護者の方が予防への理解を深めて、お子さんの将来を守りましょう。

小児歯科

お子さんは、大人よりも食生活や生活環境といった環境因子に左右されやすいのが特徴です。将来の嗜好も小児期に決まってしまうため、保護者の方がしっかりとした生活習慣を身につけさせることが重要です。

子どもの目線に立って考える
当院ではよほどの緊急性がない限り、無理やりお子さんの治療を行うことはしていません。子どもの目線に立って説明を行い、治療を受け入れられるようにしていきます。

このような悩みをお持ちの方は・・・・